バンザイ・ファクトリー椿茶 茶筒ギフト

価格
5,940(税込)
ラッピング

商品・体験詳細

【ひとりにひとつをありがとう】

全ての商品素材を徹底的にこだわり尽くし、製造行程に手間も時間も惜しまず量産ではなく一つを作る。

【内容】2gティーバック×11袋×2個入り

【原材料】:ヤブツバキの葉、あま茶
【主原材料産地】岩手県
【保存方法】常温
【賞味期限】1年

◯送料720円
 (沖縄+900円となります。)
◯消費税込み
◯キャンセル:ご入金後のキャンセル(返金)は致しかねます。
◯返品:商品の特性上、お客様都合による返品、交換は致しかねます。

会社名:株式会社バンザイファクトリー
所在:岩手県陸前高田市

関連タグ

親へ親戚へ

三陸椿物語 

2011 年3 月11 日、大きな津波がこの地にやってきました。

けれども、沢山の椿が、地中に深く根をはり、大津波をかぶっても倒れずに生き残っていました。

そして「花」を咲かせていました。椿の赤い花が、とても力強く、そして美しくて、感動しました。

地に根を深く張り強く、美しく花を咲かせる椿

その凛とした美しさと生命力こそ、この三陸で生きる人々、そのものだと感じました。

この三陸椿をシンボルにして、深く根を張り、強く、美しい商品をこの地で生み出したい、そして働く人に誇りを持って欲しい、その想いで三陸椿物語の数々の商品を生み出しました。

椿の花言葉
「気取らない優美さ」「誇り」

ほんのり甘く、幸せが口の中に広がる

「ものと」担当者が、始めてこのお茶と出会った時、その味の奥深さに衝撃を受けました。

ほうじ茶や、麦茶のような味がするのかな・・・と思って一口。。。

「・・・ほんのり甘くて美味しい・・・」
「こんな美味しいお茶は飲んだことがない・・・」

ふっと懐かしさが蘇る。
でもそれだけじゃない。
優しい甘さが、舌から、口の中いっぱいに広がって、次第に体に美味しさが行き渡る。

なんともいえない甘美な気持ちになってしまう。

飲み終わると、顔がほころんでいるのが解る。

「幸せな気分を味わえる、不思議なお茶だなぁ」

九戸(くのへ)甘茶の自然な甘み

岩手県北の地、美しい山々に囲まれた雪深い内陸の地、九戸郡九戸村。

ここは日本でも有数な甘茶の一大産地。

甘茶とは、日本特有の生薬です。
名前のとおり、その甘さは砂糖の200倍といわれながら、カロリーはほとんどなく、ノンカフェイン体に優しいお茶です。

甘茶の葉を丁寧に揉み、発酵、乾燥させることで、上品な甘さが生まれています。

楽しく、丁寧に、こだわって出来上がる椿茶

三陸気仙地域に自生している「やぶ椿」の葉が椿茶の80%以上の主な原料。

工房のお母さん達と楽しく畑や野山や、椿の垣根が伸びて困っているお宅に伺います。みんなで、ルンルンと小枝切りをして沢山の葉を採取します。

暑い日や寒い日は、とても厳しい作業。
それでも、高齢になって大きくなった椿の木々を剪定出来ないお宅もございます。切らせて頂いて、喜んでもらい、椿茶もお届けして二度目の喜びがあるのです。

工房に戻ったら、小枝から葉を切り取って、食用アルコールで綺麗に一枚一枚、手で拭き取って消毒します。

それを程よく乾燥させ焙煎させ、同じく発酵させた九戸甘茶を混ぜて、さらに焙煎していきます。

楽しく、愛情をもって作らないと美味しくならない。

笑顔が溢れる、唯一無二の一品です。

未来へ続くレッドカーペット

椿畑は被災した跡地利用で130cm程度の苗木を植え,一歩づつではありますがが、畑をつくリ始めています。
椿茶畑を被災した土地、津波で流された場所、大事な人を亡くした場所。

そこを美しくしたい。

「椿の花が咲く頃に・・」

3月に赤いまるでレッドカーペットを敷いたようにしたい。

2015年から始めました。

会社で被災土地を借りて椿の苗木を植えて行きます。

椿の成長は遅いので、長期に渡るプロジェクトになりますが、毎年春にはレッドカーペットのよ うに花を咲かせて欲しい、そんな願いを込めています。

受賞歴

2015年 復興庁「新しい東北」大賞受賞
2016年 いわて特産品コンクール 3位
2016年 絶対に喜ばれる手土産100選掲載
2016年 新東北みやげコンテスト 2位

↑ カートへ戻る

RECOMMEND

おすすめの商品