食品ロスの現状

2018.07.08

【日本だけで600万トン】


みなさま、日本では「まだ食べられる食品を、年間に600万トン」も捨てているってご存知ですか?
600万トンをおにぎりに換算すると・・・
なんと、日本の全国民が毎日おにぎりを2個ずつ食べられる量です・・・

すごいですね。

しかも、アフリカに援助している食料は400万トンだそうです・・・


え?

まだ食べられる600万トンのご飯は捨てて、

それより少ない400万トンを援助しているって・・・

どれだけ食料を無駄にしているんだろう・・・



おばあちゃん「残さず食べるな」って言っていたのに・・・


もちろん、誰も好き好んで、食べられる食材を捨てているわけではありません。
事業者からすれば、消費者を守り、価格を保持し経済を活性化させるためには、必要なことなのかもしれません。
消費者からすれば、自分や家族の健康を守るためにも、新鮮なものだけを口にしているのかもしれません。



でも、そうだとしたら、一体何のための「消費期限、賞味期限」なのでしょうか・_・_・_

日々、考えてまいりましょう!