5月病は漢方理論で癒そう!

2018.05.05

【5月病は漢方理論で癒そう!】



みなさま、GWはどのようにお過ごしでしょうか?

だいぶ日中は、暖かくなってきましたね!

この季節は、自然界は生命力が芽吹いて、木々が青々となり、生き物はエネルギーに満ち溢れてきます。

しかし、人間はというと、体調を崩す方が多くいらっしゃいます。

これは、「暑さ」によって汗が出る時に、
漢方理論で言う

心と血が失われているからです。

心とは、いわゆる活動力や精神の安定と言い換えると良いでしょうか。
血とは、いわゆるカラダを巡る栄養素と言い換えると良いでしょうか。

心と血がカラダに少なくなると、代謝が悪くなり、やる気が起きなかったり、心の中がモヤモヤしたりします。

いわゆる5月病です。

このような時には、心と血を補う食材を口にすることが大切です!

【心と血を補うために気をつけること!】



①熱を通すこと。
②苦味・甘み・油っぽい食事を避ける。
③刺激が強い、唐辛子やわさび、生姜などは避ける。
④ウリ科や、体を温めたり冷ましたりする食材は避ける。
です!

旬のモノを食べることが、一番おすすめですが、サラダや、お刺身、辛いラーメンなどを食べるのはほどほどにしましょう!

体を温めたり、冷ましたりする食材というのは、いわゆる熱性や寒性の食材です。

おすすめは、体の熱を上げ下げしない、平性の食材です。
平性の食材でおすすめなのは・・・

野菜:とうもろこし、大根、人参、じゃがいも、さといも、やまいも、蓮根、椎茸、マッシュルーム、もやし、
果物:イチゴ、葡萄、りんご、びわ、干し柿
魚肉:さんま、ひらめ、いか、さば、あわび

などでしょうかね。


タイシツ改善は、食材を変えるだけでも大きく変わります。
タイシツを変える食材の情報は、KAE.CHAOのダイエットサポートにお任せください!

「購入はこちらから」
【体質改善は、『KAE.CHAO』にお任せ下さい!】

コラム一覧にもどる